• 企業情報
  • 商品情報
  • ダウンロード
  • 私達の取り組み
  • 採用情報
  • HOME

製品情報

PCN型 51~180人槽

※このカット図はPCN-C型です。

製品紹介

人槽 51~180人
日平均汚水量 2.55~36.0m3/日
放流水質
BOD
15mg/L以下
COD
25mg/L以下
SS
10mg/L以下
T-N
20mg/L以下
処理方式 嫌気ろ床担体
流動循環ろ過方式

(一財)日本建築センターによる 性能評価値

書類ダウンロード

特長

施工性の向上

  • ・流入管底をGL-1000mm(かさ上げ300mm)まで原水ポンプが不要
  • ・流入管と放流管の槽内落差を150mm(従来機種350mm)にし、自然放流可能なエリアを拡大
  • ・ブロワ2台、配管3系統、計量ポンプ不要となり、配管の施工を省力化

メンテナンスの簡素化

  • ・清掃頻度を6ヶ月に1回以上に軽減(従来コンパクト型2週に1回以上)
  • ・点検頻度を3ヶ月に1回以上に軽減(従来コンパクト型2週に1回以上)

環境への貢献度がUP

  • ・コンパクトサイズそのままでよりきれいな放流水質を実現。(T-N除去機能)
  • ・ピークカット機能を採用し、水量変動がある場合でも安定した処理が可能。

管体形状 施工条件に合わせ3つの管体形状から選択できます。

柱付管体(I型)は、柱鉄筋を差し込み、上部からコンクリートを流し込むだけで、槽本体、スラブ、ベースが完全に一体化し、固定することができます。それにより、埋め戻し時に発生しやすい本体のズレを防ぐことができ、スピーディーに施工できます。またII、III型については浮上防止のバンドを使用して施工をより簡単にしました。

施工性抜群のI型

直径φ2,500 補強柱付

槽本体に、鉄筋コンクリート補強柱用の型枠を一体化。耐荷重施工時、外柱は不要で幅を狭く計画できます。従って、設置スペースが少なく工期が短縮します。その上、積載荷重にも十分な強度を発揮します。

コストパフォーマンスのII型

直径φ2,500

浮上防止バンドを使用して、ベースにしっかり固定されます。積載荷重がかからない現場では、施工をより簡単にしました。(標準高さ2,810H)

浅埋め型のIII型

直径φ2,000

施工方法はII型と同様に浅埋めタイプも用意しました。(標準高さ2,270H)
地下水位の高い現場、岩盤等の地盤の現場に最適です。

PCN型 51~180人槽浄化槽の処理工程

※.1) オプションとして原水ポンプ槽を設置する場合があります。

※.2) オプションとして放流ポンプ槽を設置する場合があります。

人槽別一覧

水質別一覧

お問い合わせはこちらから