• 企業情報
  • 商品情報
  • ダウンロード
  • 私達の取り組み
  • 採用情報
  • HOME

製品情報

洗卵廃水処理ユニット

スタンダードタイプ

  • FGiRS型 30T~120T
  • FGoRS型 30T~120T

アドバンスドタイプ

  • FGiRA型 30T~120T
  • FGoRA型 30T~120T

製品紹介

インライン方式・オフライン方式
いずれにも対応します。

フジクリーン洗卵廃水処理ユニットは、GPセンターのオートローダー、洗卵機、泡洗浄器、トレー洗濯の廃水を処理します。
また、洗卵機械の処理能力(万卵/時)と洗浄時間により廃水量が設定され、稼働時間中はほぼ一定量の廃水で、ピーク時の変動が少ないことが挙げられます。GPセンターからの廃水濃度は、家庭からの廃水濃度の2~5 倍にもなり、GPセンターの周辺環境に大きな影響を与えます。フジクリーン洗卵廃水処理ユニットは、GP センターの集荷方式(インライン・オフライン)、目標処理水質(スタンダード・アドバンスド)に応じたラインアップを用意し、水環境の保全に貢献します。

特長

インライン方式
鶏舎に併設して、洗卵・パッキング施設を設けており、卵は鶏舎からコンベアによって、直接GPセンターへ運ばれる方式です。鶏糞や羽などの混入があり、廃水濃度は比較的高めになります。
オフライン方式
鶏舎とは別の場所に、洗卵・パッキング施設を設けており、農場で一次洗浄を行った後、トラックなどの輸送手段でGPセンターへ搬入される方式です。インライン方式に比べて廃水濃度は低くなります。

洗卵廃水処理ユニットの処理工程

  • ※廃水部スクリーン設備は、洗卵機の廃水部にカゴを設け夾雑物を除去してください。
  • ※還元剤は安全装置として設けておくため、実際には使用しない場合があります。(タンクの撹拌機は設置しません)