社員を知る employee

キャリア採用社員の声

髙橋 慶多

水辺環境に寄与したい、
メーカーの技術を勉強したい

髙橋 慶多keita takahashi

札幌支店|技術課 [2018年入社]

水辺環境に寄与したい、
メーカーの技術を勉強したい

先輩社員インタビュー

フジクリーン工業へ入社しようと思った理由を教えてください

大学時代から水辺環境に関心があり、研究内容は北海道の湖沼をテーマにしている水理学を専攻しました。前職でも水処理関連に従事しており、生活排水を処理する浄化槽に興味を持ち、浄化槽管理士の勉強をするなかでフジクリーン工業の名前を知ることとなりました。偶然にも、フジクリーン工業で求人があることを見かけ、会社のことを調べていくうちに会社理念の『フジクリーンが目指すもの』に強く共感するにようになりました。浄化槽を通して水辺環境に寄与したい、また、メーカーの技術を勉強したい思いから入社を決めました。

今の主な仕事(業務内容・役割)を教えてください

入社から現場関係を行っています。浄化槽の新設設置の工事はもちろん、既設の浄化槽でトラブルがあったときの調査と修理のご相談を承っております。浄化槽では、取扱方法だけではなく配管、電気、土木、建築といった様々な知識を必要とします。トラブルの調査では的確に原因箇所を見定めなければなりませんが、わからないときは先輩社員に相談し教えてもらいながら、ユーザー様が浄化槽を適正に使用するお手伝いをさせていただいてます。

職場の雰囲気について教えてください

まず思いついたのは社長の人柄の良さでした。一般的に中途入社した人は立場が弱い印象にあります。しかし、社長は支店へ来社されたときに懇親会を開いてくださり、分け隔てなく全員の名前を呼んでくれます。このようなことがあり、中途入社した人もフジクリーンの一員と認めてくれていると感じました。社長のそのような意思が組織にも伝播し、チームでお互いを認め合う風土があると思います。

今後の目標を教えてください(こうなりたい、こういう仕事をしていきたいなど)

技術課として業務を遂行するには、各種の資格が必須条件となってきます。目標としては技術士、建築士といった資格の取得を目指しています。フジクリーンの業務から建築に関する知識の重要性と面白さを学びました。今年度(2019年)は一級管工事施工管理技士の勉強をしており、学科試験では九割ほど得点できるまで理解を深めました。現状に満足せず勉強を続け、技術的な知識をお客様や住民のみなさんに提供していきたいと思います。

1日のタイムスケジュール

1日のタイムスケジュール

PAGE TOP