よくあるお問い合わせ浄化槽設置について

工事を短期間で安全に施工するための事前現場調査等は、どのような調査が必要か?

事前調査としては、現場調査と書類の確認が必要です。

詳しくは、次のような項目があげられます。

  1. 設置場所の広さ 設置図面どおりの広さがあるか。
  2. 配管路の状況 浄化槽の配管経路に障害物はないか。
  3. 搬入、搬出路の状況 浄化槽の持込みができるか。
  4. 設置場所周囲の状況 資材置場、トラック、残土の一時置場があるか。
  5. 土質の良否及び湧水の有無 土質の状況、湧水の有無、矢板などが必要か。
  6. 地耐力は問題ないか
    大型浄化槽(φ2000~φ2500横型槽)を設置する場合は地耐力が60KN/m2程度が必要です。地質図よりご確認ください。
  7. 工事電力、工事用水の状況 現場で電気、工事用水が調達できるか。
  8. 放流の方法 自然放流かポンプアップ放流か。
  9. 浄化槽の設置レベル 図面又は建物の基準点より決定。
  10. 関係官庁への書類の申請届出は済んでいるか。
  11. 浄化槽施工の際は現場ごとに標識掲示が必要。

浄化槽を地上設置したい。施工面と保守点検面で注意点は?

次のような注意点があります。

  1. FRP製浄化槽は地上設置する場合は太陽光線を受けるため、FRP表面の樹脂層が飛散して外観が悪くなります。
    FRPの表面は鉄などの腐食(サビ)と異なり表面のみのため劣化はしませんが表面の保護のため塗装が必要ですので、特別仕様で製作します。
  2. 槽の転倒防止のために支持金物による固定を行う必要があります。
    地震や振動に対して十分な安全対策をおこなってください。
  3. 槽に接続する配管類は、フレキシブルパイプ等を使用してください。
  4. 点検口の周囲には維持管理に必要な点検歩廊を設けてください。
  5. 太陽光線によって、槽内に藻類が発生しますので完全に光を遮断する必要があります。
  6. 冬期の寒冷地など、大気温度が低くなると槽内温度も低下し、微生物の活動が著しく低下し、処理水質悪化の原因となるケースがあります。そのような場合は、浄化槽周囲を覆う等の保温対策の実施を推奨します。
  7. 浄化槽本体の仕様など、詳細についてはお近くの弊社事業所へお問合せください。

浄化槽を設置する場所を決める時の注意点は?

施工や保守点検を考慮して設置場所を選択する必要があります。特に次のような点に注意してください。

  1. トイレや台所、風呂の雑排水の排出点に近い所で、かつ工事を行うために十分なスペースが必要です。
  2. 使用条件の変化による水量等の過負荷によって臭気が発生する場合がありますので、風通しの良好な場所を選択し、また、車庫及び中庭や塀に囲まれた場所は避けてください。
  3. 大型車両が通過する道路境界線や建物、ガケ等に接して設置する場合は補強工事が必要となります。
  4. 雨水がたまり易い窪地や雨水の流路となっている場所は避けます。
  5. 保守点検が困難な狭い場所や物置き用のスペースとなりやすい場所等は避ける必要があります。