社員を知る employee

新入社員の声

石田 真由

自分自身が経験してきたことは
どんなに小さなことでも自分の糧

石田 真由mayu ishida

第二開発部|開発課 [2019年入社]

自分自身が経験してきたことは
どんなに小さなことでも自分の糧

新入社員インタビュー

フジクリーンに入社を決めた理由を教えてください

私は大学院時代に自然界における水について研究をしていたこともあり、水処理に携わることができる事をポイントとして就職活動を行っていました。その中で、フジクリーンの掲げる理念の「子供たちが水まみれ泥まみれになって遊ぶことのできる水辺」というビジョンに魅力を感じ、会社説明会や選考中で人事の方のお話から、それを為すことのできる会社であると思い、入社を決めました。

今担当している仕事(業務内容・役割)を教えてください

最初は、上司や先輩社員指導の下、測定機器の扱い方や分析・試験方法、資料のまとめ方などを教わり、現在では一人でこなせることも増えてきました。また実験を進める上での文献調査や特許調査など多くの知識に触れる機会もあり、一年目ながら実験だけではない様々な業務に関わらせていただいています。失敗をすることもありますが、仕事の目的を考えながら進めることで少しずつでも成長していけたらと思います。

   

入社前後でギャップを感じたことはありますか

入社前は、研究職というと私の大学での研究が部屋での実験ばかりだったこともあり、実験台の上で行う、小スケールでの研究を進めていくイメージでした。しかし実際は、腰ほどの高さの試験槽や実機を用いた実験を行っていて、想像を超えた大きさに驚きました。また、第二開発部全体が開発でありつつも、「要素技術研究」を重要なものと捉えているように一年目ながら感じられ、研究職であることをその都度実感しています。

   

職場の雰囲気について教えてください

分からないことがあれば気兼ねなく聞くことができる雰囲気です。トレーナーとして教えて下さっている先輩だけでなく、みなさんが色々な事を教えて下さり質問内容についても丁寧に分かるまで説明していただけるので、非常にありがたく思っています。また、第二開発部は少人数であることから、年の近い先輩社員が少ないのですが、皆さん関係なく話かけて下さるので、日々和やかな職場であると感じています。

今後の目標を教えてください(こうなりたい、こういう仕事をしていきたいなど)

第二開発部では、要素技術研究にて培った技術や知見を基に新しい商品を開発しています。しかし現在の私は、まだまだ手も頭も回りきらない事が多いのが実際です。そのため、今後様々な業務に携わる中で、高性能な商品の開発は勿論、フジクリーンにしか作れないダントツの商品を開発するためにも、要素技術研究で水処理に有用な実験、検討を進めそのデータを有用に扱うことができる思考を持てるよう成長していきたいと思います。

就職活動中の学生にメッセージを!

就職活動はそれまで学生しか知らなかったところから広い社会に飛び出る準備期間です。社会に出てしまってからでは中々無い色んな会社の話をいくらでも聞きに行くことのできる貴重な期間であるとも考えられます。不安も心配も沢山あると思いますが、これまで自分自身が経験してきたことはどんなに小さなことでも自分の糧となっているので、ぜひ自信を持って悔いのない就職活動をしてください。

1日のタイムスケジュール

1日のタイムスケジュール

PAGE TOP